ホルモンバランスを調整するために|PMS対策はサプリが最適

婦人

更年期や老化対策ができる

困る婦人

沢山ある効果

更年期障害対策や老化対策に役立つ栄養素がイソフラボンです。イソフラボンは、大豆胚芽から摂れるポリフェノールの一種です。別名「植物性エストロゲン」とも呼ばれています。女性ホルモンのエストロゲンと似た化学構造をしており、経口摂取すると体内でエストロゲンの不足分を補う働きをします。すべての大豆食品にイソフラボンが含まれています。納豆、みそ、しょうゆ、豆腐、きなこ、豆乳などを毎日食事に取り入れるようにすると、イソフラボンが摂取できます。足りない分はサプリメントで補うのがお勧めです。イソフラボンのサプリメントは、バストアップ、更年期対策、アンチエイジング、骨粗しょう症予防、美白、薄毛対策などに効果的です。

女性ホルモンに働きかける

更年期になると女性ホルモンのひとつエストロゲンが減少してホルモンバランスが乱れます。それによって、めまい、冷え、発汗、のぼせ、ほてり、不眠、倦怠感、イライラなどの症状が出てきます。これを一般的に更年期障害と言います。イソフラボンのサプリには、エストロゲンに働きかけて、このような更年期障害独特の症状を改善する効果があります。また、エストロゲンが少なくなると女性らしさや肌のみずみずしさが減少し、老化が加速します。体型のくずれや肌の老化にも、イソフラボンのサプリが効きます。イソフラボンには女性らしさを引きだす効果があります。バストアップ効果があることでも知られており、バストアップサプリとしても有効です。また、ホルモンバランスが崩れやすい生理の際は、PMS対策としてイソフラボンのサプリメントを利用してみましょう。PMSの症状は個人によって異なるので、自分にあった対策サプリメントを探してみるとよいでしょう。

女性の体と健康状態

錠剤

エストロゲンは、分泌量が少なくても多すぎても、月経不順や子宮がんといった健康面でのトラブルの原因となります。しかしイソフラボンを摂取すると、それらは防がれやすくなります。イソフラボンは大豆製品からでも摂取できるのですが、サプリの方が適量を正確に摂取できるため、安全で効果が出やすいです。

血液でわかる肝機能

サプリ

血液検査を行って肝臓の機能に重要になってくる数値はASTとALTの数値です。この数値は肝臓で作られるたんぱく質が、異常になってくると血液中に漏れだしてくるので肝機能の異常がすぐにわかります。肝機能の向上を目指すためには良質なたんぱく質の摂取が欠かせません。

抗がん作用で注目のサプリ

漢方

シイタケ菌糸体の抗がん作用が注目を浴びていますが、もともと実の部分にレンチナンという認可済みの抗がん成分があって、シイタケ菌糸体はさらに強い抗がん作用を期待されています。シイタケ菌糸体には免疫力を強化する働きがあり、病院での抗がん療法と並行して行うことができます。